ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2019/01/11

始業式での中学生へのメッセージ。本日最終回をお送りする。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このルーティンを確立させるポイントは、「始める時間」と「やる内容」を帰宅途中にしっかりイメージすることです。特に今日は何をどこまでやるのか。そのイメージをしっかり確立して、決まった時間に開始すること。別の言い方をすれば、自分で開始のチャイムを鳴らす時間を決めること、それを毎日同じ時間に鳴らすことを繰り返してください。

それでルーティンの確立のために最も大切なことは、「寝る時間を決めておく」ということです。ここがバラバラだと、朝起きる時間がバラバラとなって、結局次の日に影響を与えるからです。寝る時間を決める。それは起きる時間から逆算して、その8時間前には必ず寝るということです。ここがルーティンを確立する最大のポイントです。

皆さんは寝る時間は決まっていますか?ここが結構バラバラで、睡眠不足で朝を迎えて、一日がすっきりしない、授業に集中できない。皆さんの真剣勝負は授業ですよ。授業が本番ですから、そこで最高のパフォーマンスを発揮するにはどうすればいいか。ここに重点を置くために、どんなルーティンを確立すればいいか。寝不足やルーティンが確立していない中でバッターボックスに立っても、決してヒットは打てません。間違ったルーティンからは、間違った結果しか生まれません。正しい結果は、正しいルーティンの中からしか生まれないのです。そのことをしっかり意識して日ごろの行動を確認しましょう。

さて私の話は以上です。今日から始まる3学期。そこで成果を上げるには、毎日のルーティンの確立がすべて。そのポイントは寝る時間を決めることとやるべき課題を始める時間を一定にすること。そんなお話をしました。

今日も最後まで聞いてくれてありがとう。


最後までお付き合いくださって、ありがとう。明日から始業式にお話しした高校生へのメッセージをお届けしたい。ではでは。

一覧に戻る