在学生・保護者の方へ

台風接近時の対応

台風接近による緊急時の対応について

【1】.大雨、積雪、地震等災害による交通機関の乱れへの対応について
  ※ ただし、事故等突発的な場合を除く。

  • 午前6時に南海電鉄、泉北高速鉄道、JR阪和線、南海バスのいずれかが全線運休している場合は自宅において待機し、ミマモルメ等で配信される学校からの指示を待つこと。
  • 上記の4路線が運行されていても、他の交通機関不通のため、どうしても登校できない場合(あるいは始業に間に合わない場合)は、欠席、遅刻の扱いはしない。
  • (注)事故等の突発的な交通機関の乱れへの対応は校長決裁による。

【2】.災害警報発令時の対応について
大阪府下に災害警報が発令されている場合は以下の対応をとるものとする。ここでいう、災害警報は、暴風警報、特別警報などを指し、高潮、波浪、大雨、洪水などの警報は除く。

  • 午前6時に警報が発令されている場合は自宅において待機し、ミマモルメ等で配信される学校からの指示を待つこと。
  • 大阪府教育委員会から、テレビ・ラジオを通じて、出校停止の指示が出ている場合は臨時休校とする。
  • 午前6時までに災害警報が解除されており、上記1に該当しない場合であっても、自宅周辺の状況からどうしても登校できない場合(あるいは始業に間に合わない場合)は、欠席、遅刻の扱いはしない。
  • (注1)始業後の警報発令時の対応は校長決裁による。
  • (注2)他府県での災害警報発令で登校できない生徒については、別途配慮する。
  • (注3)休・祭日の学校行事の対応も同一とする。