ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2019/04/11

本日は中学入学式の式辞の3回目。お付き合い願いたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

たとえば、100メートルを走る速さを測定する時は、ストップウォッチを使います。体重を量るときは、体重計を使います。間違っても100メートル走を、体重計を持ってきて測定する人なんかいないでしょう。100メートルの記録は、15秒2でしたというのは、分かりますが、45キログラムでしたとは言わないでしょう。

反対に体重を量るのに、ストップウォッチは使わないですよね。つまり、物事を測る道具は、ストップウォッチもあれば、体重計もあるし、スピードガンもあれば、巻尺もあります。みんなそれぞれ用途が違い、その場その場で適切なものさしを使います。「偏差値」も学力を測るひとつのものさしですが、それで人間全体を測ることは出来ません。

人の心根や善意、これを少し難しい言葉で言いますと、その人の「人間性」とか「人格」と言いますが、こういった「人間性」や「人格」といった、その人の「心」の育ち具合を測るものさしは「偏差値」ではありません。

ただ、誤解しないでください。勉強を一生懸命頑張ること、より高度な学力を身に付けることが、いけないことだと言っているわけでは決してありません。私たちは、これからも学力向上に取り組まねばなりません。ただ、偏差値というものさしだけが勝手に一人歩きして、100メートル走にも、体重の測定にも、身長を測ることにも、全てそれ一本で、その人全体を測定することは間違いだと言いたいのです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
本日はここまで。また明日。

一覧に戻る