ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2019/04/15

本日は1学期始業式での高校生対象の訓話の3日目。お付き合い願いたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、先ほどの「やったら出来るけど、たまたま今はやっていないだけ。そのうちやるから。」という言葉が、その先どうその人の生活に結びついていくのかを、少し考えます。

「たまたまやっていない」という「言葉」は、当然「行動」として「やらない」あるいは「やらなかった」ということですから、「やらなかった」という行動結果が生まれます。その「行動結果」は、やがて毎回、いつもいつも「やらない、やらなかった」という行動結果の「習慣化」に繋がります。

「行動結果の習慣化」とは、決まっていつも「課題に対してやらない、あるいはやらなかった、中途半端である」ということの繰り返しです。その「行動結果の習慣化」は、やがて知らず知らずのうちに、あなた自身の内面の「性格」にまで入り込んできます。

直面する課題に対して「やらない、やらなかった、中途半端である」という、知らず知らずのうちに刷り込まれていく「性格」です。そういうふうに無意識の中で「性格」付けされたあなたは、自らの「人生」において、課題に対して「やらない、やらなかった、中途半端である」という「運命」を自らが背負い込むことになり……その先は……。

そうした「いつもやらない」という「運命」を背負ってしまったあなたは、さて、その先どうなるのでしょうね?どんな仲間が、あなたの周りに集まって来るのでしょうか?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

本日はここまで。また明日。

一覧に戻る