ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2019/04/24

本日は、この月曜日の1時間目に実施された「中学生徒会 立会演説会」で私が生徒のお話しした内容をご紹介したい。立会演説会終了後に生徒たちに向けたコメントを実況中継風にお話しする。お付き合い願いたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、立会演説会は終了しましたが、先生の感想を2つ述べさせてください。まず、今回立候補された候補者の皆さん、並びに応援演説された皆さんの考え方に、どれも驚かされました。みんなこの学校をよくしたい!そんな愛と情熱がとても感じられました。みんなと先生方の向かう方向性も同じです。みんなでもっともっとこの学校をより良いものにしていきましょう。

その意味で、しっかりと意見を述べた候補者の皆さんに、大きな拍手をお願いします。

(会場から、大きな拍手が起こる)

さて、2点目ですが、演説会を先生も皆さんと共にずっと聴いていました。その中で感じたことは、聴いている皆さんの態度です。誰一人白けた様子もなく、茶化すような不真面目な態度をとるような生徒が見当たらない。評論家然としたような傍観者もいない。みんな、自分のことのように感じて、何よりも候補者をリスペクトしながら、演説に耳を傾けていました。

そういった皆さんの態度に拍手をお送りします。ありがとう!聴いていたみんなもとても素晴らしい。きっとこの学校はもっともっと良くなるだろうね。そう実感しました。

今回、立候補した候補者の勇気に拍手です。選挙ですから結果が伴いますが、立候補した生徒の皆さん、ご苦労様。眠れない休日だったかもしれないね。大変な週末だったろうね。でもそれが、自分自身の成長につながると信じてください。僕の話は以上です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こうして、生徒会の立会演説会は終了した。
お付き合いくださってありがとう。

一覧に戻る