ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2021/03/28

休日のひと時をいかがお過ごしだろうか。本日は先日の終業式での訓話の2日目を送りしたい。
-----------------------------------------------------------------------

皆さんには今、はっきりとした何か具体的な「目標」がありますか?将来こうなりたいという「夢」がありますか?その「目標」や「夢」を持つことが、今の皆さんに問われています。いかがでしょうか?

「目標」や「夢」について考えるとき、勉強だけではなく、クラブ活動や習い事、資格取得、将来の職業といったことも含めてみて下さい。あなたには今、具体的にどんな「目標」や「夢」がありますか。それを少し頭の中に思い浮かべましょう。

先に校長である私の「目標」、「夢」を語ります。私の「夢」は、この泉ヶ丘という学校が、今よりもさらにもっともっといい学校になること。生徒にとっても先生方にとっても、ここにいて良かったって思えるような学校でありたい。そういう学校にしたい、それが私の「夢」であり「目標」です。

そして、ここで皆さんに指導されている多くの先生方もまた、私と同じ夢を抱いておられ、それに向かって行動されているのも事実だということを、付け加えておきます。
それでは、次は皆さんの番です。さて、皆さんの「夢」や「目標」は何ですか?

ここで5つの分類を示します。その中であなたはどれに属しますか。それを考えてください。では申し上げます。まずは1番目。
将来の「目標」や「夢」が定まっていないので、毎日の時間を何となく過ごしている。ついつい時間だけが過ぎていって、結果が伴わないし、達成感も味わえない。安易な方向に自分が流されている。自分が今、どの辺りを走っているのかがあまり見えていない。将来の「目標」や「夢」がはっきりと定まっていない人。これが1番に属する人です。

-----------------------------------------------------------------------
本日はここまで。続きはまた明日。

一覧に戻る