ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2021/03/30

訓話も本日が最終日。お付き合い願いたい。
-----------------------------------------------------------------------

そして最後の5番は、「目標」や将来の「夢」がはっきり定まっていて、行動も起こせている。何よりもその「目標」に向けて、主体的な態度で取り組んでいる。あまり他人の目も気にならないし、言われたからやるのではなく、自分が必要だと思うからやる。失敗したら、ものすごく悔しいと感じて、すぐに修正をかけて、やり直しに時間をかける。

「キミ、何のために、誰のためにそんなしんどいことを続けているんだ?」と問われても、ブレることなく、自分の目指している「目標」に対する「目的」がしっかり持てている。分からない、出来ないことが気になって、負けず嫌い。先生や仲間にも、積極的に相談する。自己管理、時間管理もできている。これが5番の人です。

さあ、いかがでしたか?皆さん、5番を目指したいものですね。そのためには、繰り返しますが、具体的な「目標」や「夢」を持つということです。そしてその実現に向けて、計画的にコツコツと行動する。継続性と集中力を保持したまま、主体的に活動する。仲間や先生とも積極的に話すし、力も借りる。

勉強に限らず、クラブ活動でもいいし、資格取得でもお稽古事でも何だっていいと思います。この春休みは、そういった自分の行動変換に挑戦し、何か小さな達成感、自己満足感を味わうような、そんなチャンスだとは思います。

さて、いよいよ春休み。自分の可能性に挑戦する春休みになることを心より期待しています。しっかりと時間管理、自己管理をしながら、大切にお過ごしください。
私の話は以上です。

-----------------------------------------------------------------------
なかなか難しいかもしれないけれど、明確な目標を持って、主体性を持って行動する。そんな生徒に育ってほしい、育てたい。それも私の大きな夢である。

一覧に戻る