ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2021/04/01

新年度を迎える。6日から再開と申し上げたが、新年度の心改まる日に掲載しないのも心残り。ということで、急遽、本日はご挨拶を申し上げる。

学校という世界は、一般企業以上に3月31日と4月1日のギャップが大きい。昨日までおられた先生が、この日から姿を見かけない。昨日まで姿を見かけなかった先生が新たに加わる。それが当たり前のように起こるのだが、私はいつも無常観を禁じ得ないでいる。

新年度の打ち合わせも行い、旅行社の方にコロナの今後の見通しを確認。年度計画は、コロナがないということを前提に組んでいるが、セカンドプランも当然必要。中3北海道研修旅行の下見も終えたようだが、実施できるか否かは不透明。

いろいろなことがまだ手探りの中、今年度もいよいよスタート。入念な打ち合わせを重ねながら、慎重な対応を目指したい。個人的には、ようやく中学・高校の入学式式辞が完成し、一安心。入学式当日の6日には、新入生に魂を込めて語り掛けたい。

一覧に戻る