中高6年一貫コース

コース紹介

Ⅱ類選抜(旧 特別選抜)コース・Ⅱ類(旧 医進)コース

先取学習を行うことで、問題演習の時間を確保します。 先取学習によって中学3年から高校課程の学習が始まります。高校課程の学習を早く終え、高校3年では大学受験に向けた実践的な授業を展開します。

難関国公立大学や医学部医学科をめざすコースです。 難関国公立大学や医学部医学科に合格するには、高い学力と幅広い知識、演習量が求められます。高い目標を実現するために、主要教科に多くの時間を配分し、レベルの高い授業を展開します。

社会のイノベーションリーダーの育成に挑戦します。 グローバル化が進む現代社会では、高度な知識や技能と共に、新しいものを受け入れ、学び続ける意欲が大切です。泉ヶ丘校の教育は、学び続ける意欲を育てます。

Ⅰ類(旧 特進)コース

反復学習を強化し、基礎学力の定着を図ります。 豊富な授業時数を生かした反復学習と丁寧な学習指導によって、基礎学力の定着を図ります。確かな成果を上げる勉強法は、基本を重んじ繰り返し学び直すことです。

国公立大学や関関同立への進学をめざします。 高校2年では、文理選択の上で6つのコースに分岐。国公立大学、関関同立などの有名私立大学、薬学部や歯学部、保健・医療系学部といった、生徒の多様な進路希望を実現します。

社会動向を見すえた教育プログラムを提供します。 高校2年から選択可能な国際英語コースでは、グローバル人材の育成に重点を置いた教育を行います。英語の上達だけでなく、異文化理解の推進やリーダーシップの涵養を図ります。

国際英語コース高校2・3年より

高校2年・3年で設置する、外国語教育と国際教育に重点を置くコースです。英語の授業時数が多いほかに、英語資格対策(実践英語)、第二外国語や国際理解といった独自の教科もあります。中高6年一貫コースと高校3年コースの両コースから進級できます。

薬学系コース高校3年より

高校3年で設置する、理数教育に重点を置くコースです。理科・数学の授業時数が多く、私立大学の薬学部、歯学部、保健・医療系学部への進学に適したカリキュラムです。中高6年一貫コースと高校3年コースの両コースから進級できます。

6年間のコース編成

※学年進級時に、成績および希望によってコースを移動する機会を設けます。

6年間の学び

未来をみつめて
大きく成長できる場所

6年先の大学受験を見すえた、泉ヶ丘校独自のカリキュラム。中学課程と高校課程を再編した6年一貫の教育システムです。

中学課程

学習・生活習慣の確立 授業の予習と復習、宿題の提出といった習慣は中学段階で身につけることが大切です。規則正しい学習・生活習慣を確立し、クラブ活動・学校行事との両立を図ります。

学習目標の設定とチェック 学年・教科ごとに学習目標を設定しています。英語と数学は、各学年に複数名の教員を配当し、きめ細やかな指導を行います。学習到達度別の補講、級別の英検対策講座もあります。

コースの特色に応じた授業 コースの学習到達度にあわせて授業を展開します。類選抜・類コースは、発展的な内容が中心となります。類コースは、反復学習を通して学力の定着を図ります。

効果的な先取学習 6年一貫教育のメリットは先取学習です。数学・英語・理科は、中学3年から高校課程に入ります。豊富な授業時数を生かして、学力の定着と授業の先取を同時に進めていきます。

カリキュラム(1週38時間)

高校課程

大学受験に直結した授業 文系・理系のコース選択は高校2年からですが、高校1年でも、文理選択に関わる選択科目があります。適性や進路希望を考えながら、自由に科目を選ぶことができます。

多様な進路希望に応じたコース 生徒たちの多様な進路希望に対応するため、高校2年では6コース、高校3年では8コースが設定されます。文系・理系を問わず、難関国公立大学から難関私立大学まで、すべてに対応します。

6年一貫の進学指導 中学1年から高校3年まで、それぞれの生徒の発達段階を踏まえて指導します。模試分析会等による個々の生徒の学力の把握をもとに、それぞれの進路希望に応じた適切な指導を行います。

現役合格力を高める 早い段階で高校課程の学習が終わるので、高校3年では受験対応の実践的な授業となります。夏期セミナーや入試直前対策ゼミでは、大学別の対策を行います。

カリキュラム(1週39時間)