学校長
メッセージ

目指す教育像

予測不可能な未来を、
自らきり拓く生徒を育てたい

泉ヶ丘校が掲げる5つの教育目標

  • チャレンジすることに価値を見出す
  • 失敗から立ち上がるたくましい精神を培う
  • チームワークに必要な協調性、社会性、責任感を養う
  • 多様性が理解できるグローバルな視座を得る
  • 幅広い知識や技術を身につける

2020年度はCOVID-19パンデミックにより、本校も少なからずその影響を受けました。先行きが不透明な中、リモート授業への挑戦、会議システムの導入、生徒との連携を密にするデジタル技術の駆使など、これまで必要とされていながら、なかなか前に進まなかった改革が一気に加速。本校では「コロナ対応はその学校の教育力を示す」を合言葉に、より積極的に新たな取り組みに挑んできました。2020年度のコロナ対応に関しては、90%近くの保護者から肯定的な評価を頂戴し、教員と共に手探りで進めてきた取り組みに一定の手応えを感じております。さて、2021年度からは新たなビジョンを策定し、本校がめざす教育内容をより具体的なものとして打ち出すこととしました。

これからの社会では、「想定外」や「先行き不透明」といった場面に出会うことがますます増えていくでしょう。終身雇用や年功賃金が崩れ、国内の年金制度や財政課題、地球規模での環境問題や国際紛争等々。現代社会は資本主義社会の分岐点に差し掛かっているように思います。そのような状況下では予測不可能な未来を、自らきり拓く生徒を育てる教育が、最も大切です。本校では、これを2021年度からのビジョンとし、独自の5つの教育目標を掲げました。

まず、先行き不透明な未来を生きる子どもたちにはチャレンジすることに価値を見出す人間に育ってほしいと考えております。当然、チャレンジには常に「失敗」が伴いますが、失敗することは決して悪いことではありません。変化の絶えない現代社会では、失敗を回避するあまり挑戦の機会を失うことが、かえってリスクとなるのではないでしょうか。だからこそ、子どもたちには失敗から立ち上がるレジリエンスを身につけてほしいのです。さらに、そういった難しい課題にチャレンジするには、同じ志をもった仲間との協調が不可欠です。チームワークに必要な協調性、社会性、責任感を養うことも、本校の大きな学びの柱であると考えます。また、ネット普及に伴い、ますます世界が身近なものとなっています。地球の裏側のニュースが瞬時に伝わる時代。日本の常識が果たして世界基準と一致しているのか。他者との考え方の違いを理解し、認め合うために多様性が理解できるグローバルな視座を得ることも忘れてはなりません。本校は2年前より「国際教養部」という部署を新設しました。多様性を理解する有効な学びのひとつに、海外で生活することがあります。海外生活を通じて、日本の良さを知り、当たり前が決して当たり前でないと気づくことで「感謝」の心も芽生えます。最後に、本校の「進学指導特色校」という立ち位置は不動のものです。これまで通り幅広い知識や技術を身につけるための指導についても、しっかりと取り組んでまいります。

以上、予測不可能な未来を、自らきり拓く生徒を育てるという大目標の中、5つの教育目標を打ち立て、学校全体で生徒の成長に寄与できる集団でありたいと考えます。これからの本校の教育に、どうかご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

学校長