ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2019/01/10

本日、中学生へのメッセージの3日目。日常生活のルーティン確立の再検証を訴えた。では、続きをどうぞ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで2つの話をしました。朝起きる時間の誤差は毎日10分以内。朝起きる時間を家族任せにしてはいけない、あくまでも自力で起きる。この2点です。

次に、家を出る時間。この誤差は5分以内ですね。どうですか?毎日決まった時間で達成できていますか?さらに、学校に着く時間です。バスの乗車時間に左右されるでしょうが、誤差は10分程度でしょうね。もちろん遅刻なんて、言語道断。8時25分には自分の席に座っていることも大切です。

さて、今度は授業後の夕方を想像してみて下さい。家に帰ってからすることは、きちんと型にはまっていますか?特に重要なのが、晩御飯やお風呂の時間を挟んでの自宅での学習時間。ここはあなたが自主的に自由に使える時間です。家ではチャイムはなりませんから、自分ひとりで机の前に集合して、自分ひとりで姿勢を整えて、自分ひとりで作業を始めなければなりません。ここでも全校集会での皆さんの姿勢が、顔を覗かせますね。

本日はここまで。明日は最終回。

一覧に戻る