ことばの贈り物
─ 校長通信 ─

2021/03/25

中学卒業式での式辞。3日目である。お付き合い願いたい。
------------------------------------------------------------------------ 

さて、先日私たちは、劇団四季のミュージカル「リトルマーメイド」を鑑賞しました。人間の世界にあこがれ、人間になりたいと願った人魚姫アリエルの夢。それを阻もうとする数々の苦難。アリエルは、それらの困難を前にして、海の中でこうつぶやきました。「自分の居場所は、自分で見つけるものなのよ」って。

まさにこれからの輝く未来を生きる皆さんにとっての「居場所」。それは高校生活であり、その後の大学かもしれないし、さらにその先の職場なのかもしれません。いずれにせよ、そういった「居場所」を自分で見つけることの大切さを彼女は語ってくれました。

また、自分の声を失ってまでも人間の世界に飛び込んだアリエルの苦悩に対して、誰かが話しかけます。「幸せになる秘訣は、叶わぬ夢は見ないことだ」と。この諦めにも近い言葉。これは本当なのでしょうか?叶わない夢を見れば、不幸になるのでしょうか?自分の「未来の可能性」に蓋をかぶせてしまうことが、幸せになるということなのでしょうか?

皆さんは、このミュージカルの結末をすでに知っています。どうでしたか?この物語は、主人公のアリエルが不幸のどん底の中で、終わりましたか?違いますよね。アリエルは騙されたり、貶められたりしながらも、それらの困難を乗り越えた末に、たくさんの人々に祝福されながら、人間の世界の人として生きるという自分の夢を実現しました。

そのアリエルのまぶしいばかりに輝く姿を、私たちも目にしました。そしてその姿に共感を覚え、涙を流したのではないですか?彼女から勇気をもらった人もいるかもしれません。そうです、夢を持ち続け、困難を乗り越え、人生を切り開く。幸せになる秘訣は、大きな夢を描き、その実現に向けて困難を乗り越えることなのだ。私たちが先日アリエルから受け取ったメッセージは、とても尊い内容だったと思います。

​------------------------------------------------------------------------
 
本日はここまで。続きはまた明日。

一覧に戻る