12回朗読会(おはなし会)

「あるはれたひに」

木村裕一

中学生が昼休み最前列を競い合うように席を取りに来る所から始まりました。12回目とあってすっかり定着した観がある始まりとなり、3人の息の合った朗読にみな聞き入りました。

さらに今回は、和泉市立南松尾中学から二人の先生が朗読会を聞きに来てくださいました。二人の先生は本校のホームページに掲載された「図書館のあらたな試み」という朗読会の記事を見て見学させてほしいと申し出られ、また朗読会に使われている絵や人形などの小道具類も是非見たいとのことでした。

朗読会終了後、互いの学校の情報交換も行われ南松尾中学も朗読会がそうとう盛んである事がわかりました。年に1回全校生徒(120名)を体育館に集め50分間の朗読会を毎年行っているとのことでした。本校にとってもとても得るものが多い朗読会となりました。また、今回見学されて二人の先生から本校生徒達に高い評価をしていただき、生徒達にとってもこれからの励みとなる朗読会となりました。

とき  530日(火)

    1255分 スタート

ところ 図書館閲覧室